赤川次郎の通販レビュー

            

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

価格:821円 新品の出品:821円 中古品の出品:308円
コレクター商品の出品:450円
カスタマーレビュー
その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく! 強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版! (解説・赤川次郎/装幀・真鍋博)
ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)

価格:994円 新品の出品: 中古品の出品:6,499円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。 日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高/我孫子武丸/綾辻行人/有栖川有栖/五十嵐貴久/伊坂幸太郎/石田衣良/岩井志麻子/逢坂剛/大沢在昌/乙一/折原一/恩田陸/垣根涼介/香納諒一/神崎京介/貴志祐介/北方謙三/北村薫/北森鴻/黒川博行/小池真理子/今野敏/柴田よしき/朱川湊人/真保裕一/柄刀一/天童荒太/二階堂黎人/楡周平/野沢尚/法月綸太郎/馳星周/花村萬月/東野圭吾/福井晴敏/船戸与一/宮部みゆき/森村誠一/山田正紀/横山秀夫
第九号棟の仲間たち4 クレオパトラの葬列 〈新装版〉 (徳間文庫)

価格:745円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,600円
カスタマーレビュー
鈴本芳子(よしこ)は病院でホームズやダルタニアンたちと探偵業をしている。父の浮気を知って助けを求めてきたのは、三矢産業社長の娘大矢朋子(ともこ)。経営者が次々とk貿易の社長浅井聖美(きよみ)の誘惑に落ちているという。会社乗っ取りの陰謀か? さらに矢島専務が行方不明になり社内は混乱。そんなさなか、矢田常務の指示で浅井の弱みを調べていた東京支店長が刺し殺された! 九号棟の仲間が問題解決!
クレオパトラの葬列: 第九号棟の仲間たち4 〈新装版〉 (徳間文庫)

価格:680円 新品の出品:680円 中古品の出品:399円
コレクター商品の出品:1,900円
カスタマーレビュー
鈴本芳子二十歳。奇妙な仲間――ホームズ、セルバンテス、ダルタニアンらとともに探偵業を楽しんでいる。ある日、三矢産業の社長令嬢、大矢朋子から相談をもちかけられた。浅井聖美という女に経営陣たちが骨抜きにされ、会社を乗っとられそうだというのだ。さらに朋子の母があやうく殺されそうになって……。『華麗なる探偵たち』でおなじみの仲間たちがまたまた大活躍! 長篇ユーモア・ミステリ。
マリオネットの罠 (文春文庫)

価格:1,404円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,800円
カスタマーレビュー
フランス留学から帰国した上田修一は、恩師の紹介でフランス語の家庭教師の口を得る。3カ月間住み込みで報酬は100万円、教える相手は広大な敷地に洋館を構える峯岸家の美人姉妹だ。ある日修一は洋館の地下にある牢獄を見つけ、幽閉されている3女・雅子と出会う。ガラスのように脆い神経をもった美少女を助けだそうとするが、それは新たなる連続殺人の始まりだった! 息もつかせぬストーリー展開で、日本ミステリ史上に燦然と輝く赤川次郎の処女長篇。
マリオネットの罠 (文春文庫)

価格:637円 新品の出品:637円 中古品の出品:357円
コレクター商品の出品:1,200円
カスタマーレビュー
「私はガラスの人形と呼ばれていた」森の館に幽閉された薄倖の美少女、都会の空白に起こる連続殺人の現場に残される謎のナイフ。人間の輻輳する欲望を鮮かに描いた異色の長篇推理。解・権田萬治 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
マリオネットの罠

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー

マリオネットの罠 (文春文庫 あ 1-1)

価格:950円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー
「私はガラスの人形と呼ばれていた」森の館に幽閉された薄倖の美少女、都会の空白に起こる連続殺人の現場に残される謎のナイフ。人間の輻輳する欲望を鮮かに描いた異色の長篇推理。解・権田萬治
幽霊協奏曲

価格:918円 新品の出品:918円 中古品の出品:659円
コレクター商品の出品:9,980円
カスタマーレビュー
昔の男の死体を前に、美しいピアニストは言った。「どっちかを選ばなくてはならなかったんです」……彼女に翻弄され、不倫の恋に走った挙句毒を呑んで死んだ兄と、バイオリニストの弟。女と男が再会したのは、チャイコフスキー「ロミオとジュリエット」のゲネプロだった。表題作ほか、「後ろ姿の夜桜」「スキャンダル、スキャンダル!」「私の秘密はあなたの秘密」「夜は知っていた」「夕やけ小やけ」「闇に迷って」の計7篇を収録。 国民的作家・赤川次郎の、記念すべき600作目は、デビュー以来の「幽霊シリーズ」第26作。
幽霊協奏曲 (文春e-book)

価格:1,350円 新品の出品: 中古品の出品:217円
コレクター商品の出品:1,400円
カスタマーレビュー
昔の男の死体を前に、美しいピアニストは言った。「どっちかを選ばなくてはならなかったんです」……彼女に翻弄され、不倫の恋に走った挙句毒を呑んで死んだ兄と、バイオリニストの弟。女と男が再会したのは、チャイコフスキー「ロミオとジュリエット」のゲネプロだった。表題作ほか、「後ろ姿の夜桜」「スキャンダル、スキャンダル!」「私の秘密はあなたの秘密」「夜は知っていた」「夕やけ小やけ」「闇に迷って」の計7篇を収録。国民的作家・赤川次郎の、記念すべき600作目は、デビュー以来の「幽霊シリーズ」第26作。